So-net無料ブログ作成
検索選択

hp2133をSSD化してみた。 [OtherPC]

VAIO TT、夢に見ます(爆)
いくらVistaとはいえ4GBも積めばマトモに動くでしょうし、
あのサイズでSSD128GBを2機積んだ上に
ブルーレイまで載っちゃうんですからね!!
でもそのかわり価格は$4,344.99・・・
モチロン普通の構成では¥25万程度なんでしょうが、
ブルーレイはともかくSSD-RAIDは試したいとなると
¥30万はラク〜に超えちゃいそうですからねぇ・・・

α900が今月のウチに出荷になってれば良かったんですが、
出荷は来月・・・ということはモロにバッティングします。
ただでさえカードの支払はなんだかんだで毎月10万を超えるところに
¥30万超の支払がWで付いてくる状態・・・考えたくもありません(ーー;)
その上10/14にはAppleのMac関連のイベントも予定されているとあれば、
これはもう緊急事態なんですよ!!!!

嗚呼・・・金のなる木が欲しい・・・(爆)

さて、(CPUが)遅い/(重量が)重い/(発熱で)熱い・・・と
文句言いながらもメインのWindowsモバイルに使っているのは、
acerのAspire One・・・ではなく、hp2133なんです(爆)
僕はあまり数字に細かい方ではなく感覚で生きている人間なので
ベンチマークテストというものをあんまり信用していないのですが、
どう考えてもVIAのC7-Mなんつー基本組み込み機器向けのCPUよりも
モバイルの為に生まれたAtomの方が速いしバッテリーも持ちます。
ですが、つい先日までAtomのBIOSの制限があったお陰で
メモリーが1GBという制限があるんですよね、現状世に出てるAtomノートは。
hp2133は2GB積んでますから、そこでチャラなんですよ、スピード的には。
そうなると重いの熱いのは我慢してあげさえすれば(^^;;;
デザインとWXGA表示可能なディスプレイ+6セルバッテリという
合計3点でライバルを上回るhp2133の圧勝ですからね!!

・・・で、ネックとなるCPUの遅さを少しでも感じさせないよう
システム全体のパフォーマンスを改善してあげるために・・・
DSC00366.jpg
ドライブのSSDへの換装をしてみることにしました!!





用意したのはMTRONのmobi3500 SATA2 2.5" 32GB。
自作から離れて5年以上が経ちパーツ屋に行っても何が何だか
わかんないだろうし、ノートの分解はコレが初めてになるので
少しでもリスクは減らしたいなぁ・・・という思いから、
hp2133での動作レポートが上がっていたコレにしてみました。
ちなみに購入したのはSSDラボラトリーという楽天のお店。
価格は¥51,050.-でした。。。
ドライブに¥5万っていうのはどう考えても高いですが、
このドライブはSLCという種類のSSDなんですね。
実はSSDにはMLCという種類のものがあって
MLCの方が安い上に容量の大きいものが多いのですが、
SLCの方には・・・
* 書き込み速度が速い。
* 低消費電力である。
* 書き込み耐性が高い。
・・・というモバイルでは譲れない条件が3つも並んじゃってるので、
高い上に容量が少ないけどSLCというタイプのモノにしてみました。
(参考:Wikipedia/Flash SSD



さてと!能書きはこの辺にして、
さっそく作業を始めましょう!!
箱を空けると分厚いウレタンのクッションのほぼ中央部に・・・
DSC00367.jpg
鎮座しておりました!!
コレが生SSDのお姿になりますm(__)m
アルミのヘアラインパネルがこのまま見えなくなってしまうのが
惜しく思えるほど美しいですが、見た目2.5inchのHDDですね(^^;;;
とにかく違うのはその軽さでしょうかね??
重さとしてはあとで取り出したHDDの半分って感じでした。

それじゃあhp2133の分解開始です♪
hp2133は全世界中で売られるPCなんでメンテ性も大事らしく
非常に簡単にドライブにアクセス出来るというウワサですが、
まさかそんなに簡単じゃないだろうと半分疑いながら・・・
DSC00368.jpg
ですが、バッテリーを外した部分の左(少し奥に隠れてます)中/右とある
ビスを外し、キーボードの左右にある引っ掛かりを外すと・・・
DSC00369.jpg
アッサリと増設メモリーとHDDが顔を出しちゃいました(^^;;;
いやぁ・・・ウワサに違わぬ簡単さなんですね〜!!
しかもHDDをよ〜く見ると・・・HDDユニットの外し方まで
書いたステッカーがご丁寧に貼ってあったりするんです(爆)
まぁ実際には・・・
DSC00370.jpg
HDDマウンタ中央部左右にあるこの部分のビスも
外す必要があったんですが・・・σ(^◇^;)
それにしても外すビスは6本/所要時間はものの5分で
この状態まで出来るメンテナンス性の良さは特筆モノですね♪♪

ンで・・・取り出しました!!
DSC00371.jpg
コレがhp2133ハイパフォーマンスモデルのHDD。
シーゲートの160GB/5400rpmのドライブです。
5400rpmですからさほど遅いとは思わないのですが、
VAIO VGN-UX90SでいちどSSDを体験して以来
もうモバイルでHDDを持つ気にはなれないんですよねぇ・・・
とにかく読み出しは驚異的な速さですし、
振動のある車内でも安心して使えますからねぇ・・・
DSC00372.jpg
マウンタを外して、外したマウンタにSSDを組み付けたら、
分解したのと逆順で戻してあげれば、作業終了。
上↑の写真でもおわかりのように作業は居酒屋で行ったのですが(核爆)
ものの30分もしないうちに全作業終了しちゃいました\(^O^)/



そいじゃ、環境戻します。
以前エントリーしたIO DATAのHDPG-SU160という
ポータブルハードディスクには・・・
DSC00373.jpg
こんなバックアップソフトが付いてきます。
DSC00374.jpg
コイツを使って、HDDを取り外す前に取ってあった
バックアップイメージから環境を戻してやろうとするのですが・・・
・・・できないんですよ(ToT)
何回やってもパーティションリストに表示されるのは
このポータブルHDDのパーティションだけ、という状態で・・・
おそらくこのSSDがフォーマットしてないことが原因なんでしょうが、
コレじゃあ何らかのトラブルがあってHDD交換したとき
手軽に環境戻すこと出来ないじゃんかぁ!!
こーいうトコロでMacのTimeMachineの素晴らしさを感じるんですね。

で、明けて翌日・・・
DSC00386.jpg
取り敢えずWindowsXPのリカバリディスクで
Windowsのセットアップから始めました。
セットアップが終わったところで・・・
DSC00387.jpg
またポータブルHDDを繋ぎ、前回レビューした付属ソフト
環境を元に戻していこうとしました。
DSC00388.jpg
こんな表示がされるので再起動します・・・
・・・あれ?普通に起動しちゃった!もう1回・・・
・・・あれ?普通に起動しちゃった!もう1回・・・
・・・あれ?普通に起動しちゃった!もう1回・・・
・・・コレを10回は繰り返したでしょうか?
ヘルプファイルも読みましたし彼方此方ググったりもしたんですが、
いろいろ総合すると結局「元のドライブよりも小さいドライブには
環境が戻せないんじゃないか?」ということがわかってきました。
・・・ダメじゃん(ーー;)

結局、いまの”素”のWindowsXPに、
2枚目のリカバリーディスクから・・・
DSC00389.jpg
ドライバと付属ソフトをインストールし、WindowsUpdateを行い、
その他必要ソフトウェアをインストール後環境設定をイチから行って、
貴重な休日を1日潰すハメになってしまいました・・・
まぁキレイさっぱり新しい環境で使い始められたんですから、
これでも良しとしましょうかσ(^◇^;)
まぁ、もっと何か頭の良いバックアップの方法は
あったと思いますけどね(爆)



さて、肝心のSSDの使い心地なんですが・・・



ハイバネーションへの移行と復帰がSSDにすると遅くなるのは、
まんまSSD初号機のVAIO VGN-UX90Sと同じ現象。
アレも最初に買っていたHDDモデルよりSSDモデルの方が
格段に遅かったですからねぇ・・・

でも、Windowsの起動はさほど遅いとも思わなかった
2.5inch/160GB/5400rpmのドライブの更に2/3ですし、
どーもHDDだとキャッシュの読み書きがネックだったのか
引っ掛かりまくっていたeyeVioなんかの動画もスムーズ!!
思い通りシステム全体のスピードが上がって
VIA C7-Mというプロセッサがもたらすネガティブな面は
動画の変換でもしない限り殆ど顔を出さなくなりました!!

基本的にマカーの僕は、E-Mobileの電波の届く範囲なら
モバイルでのお供は同じくSSD仕様のMacBook Airですし、
このhp2133-SSD仕様の出番はE-Mobileの電波が届かず
auのW05Kじゃないと通信手段が確保出来ない
キャンプやスキー場に持ち出すのみ。
そう考えれば非常に良いKAIZOになったと自負しております!!!!!!!!



しっかし、こんなの出来ると・・・どっか旅に出たくなりますな。
どっかイーモバの電波の届かないところまで(爆)
nice!(25)  コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 25

コメント 18

masugi

うーん…これがお一人で出来るというのがスゴイ(^_^;)。
by masugi (2008-09-27 00:14) 

蔵三

ウチはイーモバの電波バリバリ圏外ですけど…いかがです?(爆)
by 蔵三 (2008-09-27 00:17) 

Virgo

途中でオチが読めて・・・・急がば回れを呪文のように唱えながら・・・・でも、そうは思っても、楽で早いだろう仕組みに燃えるのは、性ですよね(笑)
by Virgo (2008-09-27 02:58) 

しー

前につぶやいてたSSD化ですね。
外資系は故障時のメンテナンス性重視のせいか、比較的分解しやすくなってますよね。
Windowsの”まとも”なバックアップは未だないと思ってます。
だって、Windows自体が定期的に入れ直さないといけないOSですからw

by しー (2008-09-27 06:16) 

わか

Mac Book Proは新製品が投入されるのかな?
ファイナルカットを一度使ってみたいんです。
by わか (2008-09-27 07:41) 

tomi8

自分の夢は起動ドライブにSSD*8のストライピングです(笑)。
人柱になっていただけませんか~。


by tomi8 (2008-09-27 08:08) 

Riever

これは珍しい。ぶ・・・物欲神さまがお金にあえいでおられる(^^;;

まああのtypeTTは異様にハイスペックですし、SSDとBlu-rayが同時に積める点で非常に悩ましいところではあるので大いに分かりますが。
日本での発表が楽しみですね。
by Riever (2008-09-27 10:37) 

arkstar

TrueImage7の頃からレデュース復元(縮小領域への復元)に対応していたので、
最近のツールは全部出来るんだと思ってたのですが違うんですね。

HDDが見えない。→未パテーション割り当て&未フォーマット
だと思いますので、XPのセットアップを全部しなくても、インストールの最初の頃にパーテション作る?フォーマットする?を聞かれて、
インストール用ファイルがHDDへコピーされたら一度機械がリブートしますよね。
あのタイミングでセットアップ止めちゃえばOKですよ(^_^;)
by arkstar (2008-09-27 15:39) 

K

おじゃまします
 ん?ということは居酒屋に+のドライバー(セット)を持って行ったって事でしょうか^^;?よほど早く試してみたかったんですね^^。

 こうやっていじくると余計愛着がわきそうですね^^。TT、日本でも発売するかなあ、、、。
by K (2008-09-27 16:43) 

かつぽん

>masugiさん
オトコノコですから(^^;;;
by かつぽん (2008-09-27 23:05) 

かつぽん

>軍曹
旨いモンと良い温泉、ある?σ(^◇^;)
by かつぽん (2008-09-27 23:06) 

かつぽん

>Virgoさん
そうなんですよねぇ、ついその辺は攻めちゃいますよね(^^;;;
by かつぽん (2008-09-27 23:07) 

かつぽん

>しーサン
言えてますね>定期的に入れ直し
ホントWindowsはその辺・・・(ーー;)
by かつぽん (2008-09-27 23:09) 

かつぽん

>わかサン
・・・とのウワサですよね。
Mac買ってから殆ど動画を編集したことのない僕・・・
もったいない?(^^;;;
by かつぽん (2008-09-27 23:10) 

かつぽん

>tomi8さん
えーと、スポンサーが付いたら考えます(爆)
by かつぽん (2008-09-27 23:15) 

かつぽん

>Rieverさん
基本的に俺はマカーだ、ということも・・・(^^;;;
どうしましょっかね〜????
by かつぽん (2008-09-27 23:16) 

かつぽん

>arkstarさん
僕の操作ミスの可能性も考えられなくはありません。
でも、それこそ僕のようなバックアップ初心者のためにも
何とかして頂きたいですね、こういうトコロは。
by かつぽん (2008-09-27 23:18) 

かつぽん

>Kさん
えぇ、持って行っちゃいました、精密ドライバーセット。
トルクスは持っていなかったのでトルクスあったらアウトでしたが
+ドライバーばかりで良かったですぅ(^O^)

TTは・・・来そうな気がしますよねぇ。
価格とかその辺はどうなるかわかりませんケド。
by かつぽん (2008-09-27 23:21) 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る