So-net無料ブログ作成
検索選択

外見に伺えるマジ具合【NEX-VG10 レビュー・その3 本体編】 [Handycam]

自分がレンズ交換式ハンディカムのNEX-VG10
買った理由は・・・ムービーを撮るため、だけじゃありません。
NEX/Eマウント用の高倍率ズームレンズである
E18-200mm F3.5-6.3 OSS / SEL18200
同時に確実に手に入れることが出来るから・・・
・・・ということもあったんですよね。

なんせスチルカメラであるNEXとハンディカム・
つまりムービーカメラであるNEX-VGとで
同じレンズを使い回せる・・・というのが
SONY Eマウントのキモである訳ですが、
レンズ単体だと非常に品薄感があるのにも関わらず
NEX-VG10には標準で付いてくる・その上価格的にも
レンズ分を差し引けばもう1台ハンディカムを買うよりも
安く済む程度・・・というのも非常に有り難かったんですよ♪♪
もうちょっと高度な撮影の出来るハンディカムが欲しいと思って
HDR-AX2000でも買ってみるか・・・とカラーテックさんで
カタログをもらったあと、やはり実機を手にしてみたいからと
SONYビルで実際に触りながら真剣に悩んでいたくらいなんですから(^^;;;

そんなトキにNEX-VG10が出ちゃったんだから・・・
・・・コリャもう運命感じるしかないでしょう??(爆)

今日は、いままでに書いてきた・・・
かつぽん、動画撮影に目覚める?の巻【NEX-VG10 レビュー・その1 開梱編】
本気で使いこなしたいモンね♪♪【NEX-VG10 レビュー・その2 クリエイターズセット編】
・・・という2本のレビューに引き続き、NEX-VG10の・・・
DSC00353.jpg
・・・本体をジックリ見ていこうと思います♪♪


続きを読む


本気で使いこなしたいモンね♪♪【NEX-VG10 レビュー・その2 クリエイターズセット編】 [Handycam]

twitterで知り合った東京サポ+αの人たちと
たまに『つっとさる』『ついさる』などと称して
フットサルやるようになった・・・んではありますが、
そのあとは必ず『アフター』と称して懇親会という名の
ただの呑み会に突入するのがいつものパターン(爆)
カミサンとかからは「ソッチがメインなんでしょ?」
なんて思いっきり突っ込まれているかつぽんですww

でね、楽しく呑んだはずなのに、どーいう訳か
ついさるの酒は必ず翌日に残るんですよ。
コレが何でか今朝から全力で考えていたんですが(爆)
たぶん呑み始めるのが早いのにフツーにカンバンまで
呑んじゃってるからじゃないだろうか?と・・・
昨日はナビスコ決勝の前・だいたい13:30くらいから呑み始めて
場所を地元に変えて呑み屋が閉店になるまで呑んでましたからね(^^;;;
・・・つまり10時間以上飲み続けてる訳で、そりゃ残るよなぁと(爆)

お陰で今日、昼間っから生ビールの写真を見せられても
全然悔しくなかった、という副作用もあったんですけどねσ(^◇^;)

・・・さてと!本題!!
かつぽん、動画撮影に目覚める?の巻【NEX-VG10 レビュー・その1 開梱編】
・・・と、お馴染み開梱レビューから書き始めた
NEX-VG10レビューの今日は2回目。
発売開始時にSonyStyle(現:ソニーストア)で売り出されていた
NEX-VG10クリエイターズセットのレビューをしていきましょう。
DSC00309.jpg
残念ながらクリエイターズセットの受注は既に終わってますが、
NEX-VG10を真剣に使いこなしていくためには
ドレもコレも用意しておきたいオプションですからね♪♪


続きを読む


かつぽん、動画撮影に目覚める?の巻【NEX-VG10 レビュー・その1 開梱編】 [Handycam]

その昔・・・もうかれこれ15年も前になりますかね?
それまで写真無精だった2人が結婚を機に
何かマトモなカメラでも買っておこおうか・・・と、
RICOHのGR21というカメラを買ったりした訳ですが、
それで写真に目覚めたり・・・なんて都合良く問屋は卸してくれずw
実は本当にこんなに写真に目覚めたのはSONYがはじめての
一眼レフ:α100をリリースしてから・・・という
遅咲きのかつぽんでございます。

・・・そのワリにはズッポリと沼にハマり込んでいるのは
もう皆さんご承知の通りな訳ですがww

ちなみに・・・結婚したときも長男が生まれたときも、
実はハンディカムは買ってないんでした(爆)
次男が・・・生まれてからかな?実はそれぐらい
遅くなってからなんですよね、えぇ(^^;;;
イヤね、ほら、写真って見ながらいくらも話が出来るし
ソコで話に花が咲いちゃえばいくらも話してられますけど、
動画ってどーしても1シーンは見ちゃわないと
話が出来ないじゃないですか??
それがイヤだっていうつまらないコダワリがあったんですよね(^^;;;

ハンディカムを買ってからは、あくまで記録として
よーやっと動画を撮るようにはなりましたが、
それでもただの”記録”ですから撮って撮りっぱなしですし
編集したり色々と活用するなんて事はありません。
特にMacでは当初AVCHDをサポートしてなかったこともあって
そんな気はサラサラ無かったんですよね。

ですが、SONYミラーレスカメラNEXシリーズ用の
18-200高倍率ズーム
が付属し、まるで一眼レフのように
印象的な動画が撮れちゃったとしたら・・・しかもiMovieは
AVCHD対応しちゃってるし!!・・・ということで!!
DSC00302.jpg
SONYのレンズ交換式HDビデオカメラNEV-VG10
久々に「買わない訳がない」ビデオカメラだったんです♪
「ハンディカムは良いけどもうちょっと凝った画像も撮ってみたい」
なんつー自分の最近の志向にもピッタリでしたしね♪♪

今日から何回かに分けてこのNEV-VG10
レビューしていこうと思います。
初回の今日は・・・おなじみ開梱編です。


続きを読む


やっぱりバランスって大事だよね!!【Manfrotto MODOSTEADY 585 レビューその3・使用感編】 [Handycam]

サッカーに負けず劣らずスキー好きのかつぽんですが、
釣りも好きなんですよ、知ってました??
元々はスキーのオフシーズン用の趣味として
はじめたキャンプの中の一環でしたけど、
そのうちバスフィッシングにハマっちゃって
ロッド(釣り竿)とリールのセットを何セットも使い分けて
ルアーも状況に合わせて使い分けるために数百個も持って、
果てはボート・・・までは買わなかったけど(^^;;;
エレキ(…という名のトローリング用電気モーター船外機)や
魚群探知機(バスでは主に底質確認のために使います)まで
買っちゃったりしてね♪♪

そのバスフィッシングタックルの中で
どんな状況で使うタックルに対しても
僕がイチバンこだわったのは、
そのタックル全体の『バランス』でした。
基本的に全てのロッドの重心が手元に来るように調節して
キャスト(投げる)ときに振り抜きやすくするんですが、
例えばワーム(ビニールっぽいルアー)を使うときは竿先を高く
保持することが多いため、ロッドエンドにウェイトを入れて
自然に竿先を上向きに出来るように調節したりしてね!!
そうやってバランスの取れたタックルを使っていると、
自然とバイト(アタリ)もわかりやすくなって
釣果も上がる・・・と良い事ずくめだったんですよ♪♪

で、レビュー中のManfrotto MODOSTEADY 585
コレもいまお話したバスフィッシング用のロッドと同様に
下にバランスウェイトをぶら下げることで重心を下げ、
そのことで手ブレを防ごうとした商品なんですね。
・・・はい、ステディカムの民生用モデル・
ステディカムJRと同じような目的の製品なんです!!
コレが定価で¥16,800円なら最高じゃないッスか(^O^)/

今日は・・・
手ブレ補正があってもブレるから。【Manfrotto MODOSTEADY 585 レビューその1・開梱本体編】
まんまステディカム・ミニである【Manfrotto MODOSTEADY 585 レビューその2・本体編】
・・・と2回に渡ってお送りしたマルチ・カメラスタビライザー
Manfrotto MODOSTEADY 585レビューの最終日。
R1120500.jpg
実際にハンディカムをセットして使用感を確かめてみたいと思います!!



続きを読む


まんまステディカム・ミニである【Manfrotto MODOSTEADY 585 レビューその2・本体編】 [Handycam]

子供がいて自営業っていうとどーしても自分一人で外出するのは
他のブロガーさんとの呑み会ぐらいになっちゃうために、
あんまり映画を観ることが出来ない僕なんですが、
たまに何か見たりすると凄いことに気付く訳です。
まるでレールの上をカメラが動いたような
移動しても全くブレのない画像なのにもかかわらず、
その映画にはレールが映ってないのはなんでだ?
・・・なんてね。
はじめはレールをCGで隠したりしているのか
はたまた最近の映画用カメラに使われる
手ブレ補正ユニットはこんなにも効くモノなのかと
思っていたんですが・・・いまは良いモンあるんですね、
その名もステディカムですってよ、奥さん!!w
イヤ恥ずかしながらカラーテック佐藤サン
その存在を教わったんですが・・・
昨日も話しましたけどあのNHKの紀行番組
世界ふれあい街歩き』でも使われるこのシステム、
小型のモノがあるんならウチでも欲しいぜ!!なんて
思ってちょっぴりググってみたんですが・・・
・・・安いのでも¥11万と来たモンだ(;´Д`)
さすがにもう1台ハンディカムを購入することが出来るほどの金額を
雲台もどきに突っ込むほどお大尽じゃありませんし・・・

な〜んて思っているトコロに颯爽と現れたのが
この・・・
R1120488.jpg
Manfrotto MODOSTEADY 585だったんですねっ!!

昨日紹介したこのマルチ・カメラスタビライザー、
今日は本体をジックリと見ていこうと思います。


続きを読む


手ブレ補正があってもブレるから。【Manfrotto MODOSTEADY 585 レビューその1・開梱本体編】 [Handycam]

「いっつも関係のない話から始まるのどーにかならない?」
・・・という意見には一切耳も貸さず(爆)に、
今日はまず昨日発表されたこの話から・・・

サービス終了のお知らせ|定額制音楽配信サービス ナップスタージャパン

嗚呼、なんということでしょうか・・・_| ̄|○
いままでソニーの海外向け仕様Walkman・
オーバーシーズモデルのNWZシリーズを軒並み買って来たのは、
それもこれもnapsterのサービスを少しでも高音質で
楽しむためだったのに・・・(ToT)
でも、napsterの・しかも対応プレーヤーに楽曲を
持ち出せるToGoサービスに登録していたのは
IT系ジャーナリストの小寺さん曰く・・・
日本に100人居るか居ないかの希少ユーザー
・・・だったそうなので、致し方ないんでしょうな。。。
ほとんど洋楽しか聴かない自分にとって、CDを買う前に
まずフルコーラス試聴して楽しめるこのサービスは、
とても有り難かったのですがねぇ・・・返す返すも残念。
きっとCD購入枚数も減るんだろうなぁ、
試聴できずに外れCDを掴まされるのはイヤですから・・・(ーー;)

・・・さてと、やっと本題です!!w

そろそろ卒園・卒業・入園・入学・・・と
ビデオカメラがアチコチで活躍するシーズンですよね!!
ウチは今年はそういうイベントはないんですが、
自分はスチルカメラ(α)/カミサンはビデオカメラと
我が家のように分担して撮影するご家庭も多いことと思います。
で、特に奥様にビデオ撮影を依頼するときには
手ブレが起きないように気をつけて欲しいんですよねー。
腕力のない女性がビデオカメラを構えて撮ったために
手ブレ起こしたHD画像はマジで「酔い」ますから(;´Д`)
モチロン最近のビデオカメラの手ブレ補正はホントに向上してて、
特にハンディカムのの手ブレ補正なんてまるであのNHKの
世界ふれあい街歩き」で使っているステディカムも真っ青の
能力を持っているんです・・・が!!
それでも長く見続けるウチに気持ち悪くなることもσ(^◇^;)

なので、コリャもう大元から手ブレを退治するほか無いんじゃ??
・・・ということで!!
R1120483.jpg
Manfrotto MODOSTEADY 585という
ビデオ撮影用のスタビライザーを買ってみました(^O^)/

今日から何回かに分けて、この製品のレビューをします。
初日の今日は・・・開梱編です。

続きを読む


際だつハンディさ【HDR-CX500Vレビュー その2・本体編】 [Handycam]

子供の学校行事とかを撮すスチルカメラに関しては
すっかりデジタル一眼レフになっちゃいましたね。
長男クンが幼稚園の頃・・・5年ほど前はまだ
DSC-W1DSC-F717にテレコン付けたり
してましたから、その頃から考えると隔世の感がありますね。

そうやってスチルカメラがドンドンと撮影者の意図を
汲み取るマニュアルライクなカメラに移行してるので、
やはり動画もソッチ方面に・・・という思いもなくはないんですが、
動画でちょっと凝ろうと思うとカンタンに¥40万(^^;;;
しかも民生用フォーマットとしてはすでに懐古感のある
懐かしのHDVフォーマットでは取り回しも不便で、
なかなか手を出せないのが正直なトコロ。
AVCHDムービーカメラの価格下落感は甚だしいですから、
ココは一つマニュアルの設定項目が増えたハンディカムを
中上級者向けに¥20万前後で出してくれないかなぁなんて
妄想を膨らませちゃったりするんですよね(^^;;;
昔はそういうのあったんだけどなぁ・・・

そんなモノがない以上、購入するハンディカムは
いい映像がカンタン操作で撮影でき、なおかつコンパクト!!
な〜んてモノを選ばざるを得ません。
その方がカミサンのウケも良いですしね♪♪
なので、HDDタイプではなくメモリー録画の・・・
P8070175.jpg
HDR-CX500Vを買ったのは当然なんですな(^O^)
あ、内蔵メモリーが64GBのHDR-CX520Vにしなかった理由は
単純においらが『超黒嫌い』だからですので念のため。

今日はそんなHDR-CX500Vのレビュー2回目。
1回目の開梱編に引き続き、各部を見ていきたいと思います。



続きを読む


時代はメモリータイプだよね!!【HDR-CX500Vレビュー その1・開梱編】 [Handycam]

代表戦のあった日にはいつもコメント求められるので
今回もひと言書いておかなきゃと思うんですが・・・
・・・あんな試合でもコメントしなきゃならんですかね?
まぁおいらは東京サポなんで青赤の色眼鏡を掛けての観戦ですが、
正直目立っていたのは△とナオのコンビネーションと
安定感のある今野・フィジカルだけは通用する徳永ぐらい。
・・・あれ?△除いて全員東京の選手ぢゃん!!(爆)
冗談はさておいても、さすがにヨーロッパで何年も
助っ人外人やってられるだけのことはあるなぁと
稲本には思わせられましたし、あくびの出そうな
試合展開にも関わらず唯一危なかったシーンでも
素晴らしい飛び出しを見せた川島もさすが。
でもホントそれぐらいだったなぁ・・・
怪我明けの松井はまだ試合勘が戻ってないみたいだったし、
得意なタイミングでボールが殆ど来なかった森本は
気の毒だったけど、あとはもう目を覆いたくなるような出来で・・・
もう大久保や内田なんて顔も見たくないし!!
勝ったには勝ったし、所詮2軍と新入りの混成チームだから
コンビネーションに難があるのも認めましょうか。
ある意味選手の見極めにはなったんでしょうが、
本大会に向けて本当にテストになったのかよくわからない
今日のスコットランド戦ではありました。

さてと!景気の悪い話しはここまで!!
本題に参りまっしょい!!!!

明日は三男クンの幼稚園で運動会♪
すっかりウチでは末っ子を満喫してる彼ですが、
年中サンになって少しは成長してくれるところを見せてくれるのか、
ちょびっとだけ期待してたりもします(^^;;;
そんな彼の運動会に向けて、ハンディカムを新調してみました!!
今回買ったハンディカムは・・・コレっ!!!!
P8070170.jpg
メモリー録画タイプのHDR-CX500Vでございます!!

今日はコレを買った理由を書きつつ
開梱して参りたいと思いますm(__)m


続きを読む


何もかもが、カジュアル【SONY Webbie HD MHS-PM1 レビュー・その3・本体編】 [Handycam]

  こういう、ちょっとしたタイミングで動画が撮れたらなぁ・・・

・・・って思うのは、YouTubeやニコニコ動画に
動画を上げまくっているようなユーザーだけじゃなく、
はたまた子持ちだけでもないと思うんですよねー。

  でもイチイチAVラックの奥からハンディカムを
  引っ張り出してくるのも辛いなぁ・・・

そんな方にピッタリな製品じゃないかと思うんですが、
何故ココ日本では出してくれないんでしょうか?
SONYサンのイヂワル・・・(ToT)

さて、今日はそんなカジュアルな動画カメラ
SONY Webbie MHS-PM1の本体周りを
ジックリと見ていこうと思います!!

やっぱりこのMHS-PM1で最も特徴的なのが、
先日のエントリーでmasugiサンも仰っていた
この・・・
IMG_0027.jpg
DSC-F1DSC-F88まで続いたサイバーショットF系で
採用されていた、SONYご自慢の回転式レンズ!!
そういえば昔DSC-F88を使っていた頃はコレがあったから
自分も子供と一緒に写真に入れたんでした・・・(懐
やっぱりいまの技術でこの光学系を持つデジカメ、
欲しいですよねぇ・・・


続きを読む


予備バッテリーが手に入らなかった(過去形)の巻【SONY Webbie HD MHS-PM1 レビュー・その2・バッテリー編】 [Handycam]

デジカメを購入するときは必ず
予備のバッテリーも購入するかつぽんです。
予備のバッテリーをチャージャーに突っ込んどけば
いま使っているバッテリーが空になっちゃっても
サクッとバッテリー交換して撮影再開することが出来ますからね!!
それに満充電された予備電池が1つあれば、
旅行とかに行くときにも1〜2泊と短期なら
チャージャー持たずに出掛けることも出来ますから、
荷物を少なくすることも出来ますしね・・・

おととい開梱編をお送りしたWebbie MHS-PM1ですが、
コレも輸入してるショップから手に入れたあと
いつものように予備バッテリーを手に入れようとしました。

ですが・・・無いんですよねぇ(ーー;)

実はこのMHS-PM1用のバッテリーは
まだ未発売ながら最近発表されたサイバーショット
DSC-W190と同じインフォリチウムKタイプ・
NP-BK1というバッテリーなんですが、
購入した当時はまだこの製品は発表になってませんでしたし、
amazonや楽天・果てはヤフオクなんかも探しましたが
情報は皆無・・・最後はカラーテック佐藤サンに泣き付きましたが、
商品データベースにも載ってないと言われちゃって万事休す・・・
・・・もうどうにも手に入らないのです。

ンで「仕方ない、中国製の互換電池でも探すか・・・」
なんて思ってNP-BK1という型番を頼りにググっていると・・・
・・・なんとなんと!オリンパスのLI-50Bというバッテリーが
形状が同じなので使い回せると言うじゃないですかっ!!
DSC07783.jpg
・・・ということで、さっそく買ってみましたσ(^◇^;)

今日はこのバッテリー購入から始まる顛末をご紹介したいと思います。


続きを読む


メッセージを送る